兵庫県・大阪府・京都府の企業様に対して、助成金専門の社労士法人HRovationが対応

お問い合わせはこちら

キャリアアップ助成金

キャリアアップ助成金

企業の成長には人材が必要不可欠です。企業では、正社員から、パート・アルバイト、派遣社員などさまざまな人材が活躍しています。

こうした人材の中で非正規雇用者が雇用先でキャリアアップを図っていけるようにする制度が「キャリアアップ助成金」です。当該従業員にとってキャリアアップの機会となると同時に、企業にとっても助成金で人材を確保・育成できるという点でメリットがあります

「キャリアアップ助成金」とは?

様々な助成金・補助金があるなかで特に人事が注目したいのが「キャリアアップ助成金」です。

具体的には、非正規社員の正社員への転換や、人材育成、賃金規定の改定、健康診断制度の導入などが評価されます。

キャリアアップ助成金の7つのコース

従業員キャリアアップの重要性とは

会社にとって、そこで働く従業員の存在は欠かせません。従業員の質が高ければ、それに比例して会社も成長を遂げます。そのため、従業員のスキルをアップさせ、レベルを高めることは、同時に会社のレベルもアップさせることになる重要なミッションです。

1,正社員化コース

正社員化コースは、有期雇用労働者や無期雇用労働者を通常の正社員に転換した場合や、短時間正社員・勤務地限定正社員・職務限定正社員などさまざまな形の正社員に転換した場合に助成される制度です。

2,賃金規定等改定コース

賃金規定等改定コースでは、有期契約労働者の賃金規定を改定して基本給を2%以上増額させた場合に助成金が支給されます。助成金額は、対象となる有期労働者の範囲や人数によって異なります。

3,健康診断制度コース

キャリアアップ助成金の一つである「健康診断制度コース」は、有期雇用の従業員に対して、
法定外の健康診断を新設・導入した事業主が受給できる助成事業です。
従業員の健康管理の強化を通じて、キャリアアップに繋げることを目的しています。

4,賃金規定等共通化コース

賃金規定等共通化コースは、派遣労働者や契約社員などの有期雇用の労働者が正規雇用者と同じ内容の業務を行ったとき、正規雇用者と同様の賃金規定を適用した場合に支給される助成金です。

5,諸手当制度共通化コース

パート、アルバイト、契約社員などのいわゆる非正規社員に対して、正社員と共通の諸手当に関する制度を新たに設け、適用した事業主に対して助成される制度です。

非正規社員であっても正社員と同様の仕事をしているのであれば、同じように手当を設けるなど非正規社員の処遇改善を行い、従業員のモチベーションをあげることや離職率を下げること等が目的とされています。

6,選択的適用拡大導入時処遇改善コース

労使合意に基づく社会保険の適用拡大の措置により、有期契約労働者などを新たに被保険者とし、基本給を増額した場合に対象となるコースです。このコースの適用対象になることで、労働者の待遇改善が期待できます。

7,短時間労働者労働時間延長コース

短時間労働者の週所定労働時間を延長し、新たに社会保険を適用した場合に対象となるコースのことです。勤務時間の延長により賃金や担当業務が増えることが予想されるため、労働者のモチベーションアップが期待できます。

※助成金には期限があり、ご依頼いただいた場合でも終了する可能性がございます。